内科

急性疾患・慢性疾患に幅広く対応

急性疾患・慢性疾患に幅広く対応「急な体調不良をなんとかしたい」「気になる症状があるけれど何科にかかればよいかわからない」「健康診断で指摘された項目を相談したい」など、お気軽に相談ください。
内科疾患は自覚症状がさまざまであり、些細な症状が重大な病気の前兆であることもあります。一見大したことがないような症状であっても、病気の早期発見・治療のためにも放置しないことが大切です。さらに詳しい検査や専門的な治療が必要だと判断した場合は、専門施設にご紹介いたします。

このような症状、ご相談ください

かぜ様症状

  • 発熱
  • せき
  • のどの痛み
  • 鼻水・くしゃみ

消化器系症状

  • 腹痛
  • 食欲がない
  • 吐き気
  • 下痢
  • 便秘
  • 黄疸

腎・泌尿器系症状

  • 血尿
  • 頻尿

循環器・呼吸器系症状

  • 動悸
  • 息切れ
  • めまい感
  • 喀痰が多い
  • 呼吸苦

その他

  • 痛み(胸・背中・腰)
  • 関節痛
  • 体重増加・減少
  • むくみ
  • 疲れやすい
  • 身体がだるい、ほてる

など

一般内科の主な疾患

生活習慣病の治療・経過観察

生活習慣病の治療・経過観察生活習慣病は、食事や運動、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣がその発症・進行に深く関与する病気の総称です。具体的には、肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあります。
生活習慣病は、一つ一つは軽症であっても複数の症状が重なることにより、症状が悪化するばかりでなく、虚血性心疾患や慢性腎臓病、脳血管障害などの重大な疾患に進展する恐れがあります。そのため、早い段階での適切な治療がとても大切です。自覚症状がなくても、健康診断などで生活習慣病を指摘された場合は、ご相談ください。

このような方は、自覚症状がない場合もご相談ください

  • 健康診断で指摘された項目があるが特に治療せず、放置しているご相談ください
  • 20歳の時の体重から5kg以上増えている
  • ダイエットをしているが、なかなか体重が減らないままだ
  • 動脈硬化検査を受けたことがない
  • 喫煙している

お一人おひとりに合わせた治療

生活習慣病は、偏った食事・運動不足・飲酒・喫煙・ストレスなどが原因となりますので、日々の生活を改善することが予防となります。ですが、「食事、運動・・・たくさんありすぎて、どれから改善すれば・・・?」「正直、毎日続けるのは難しい・・・」と感じる方が多いかと思います。
当院では、患者さまのライフスタイルを考慮し、適切な目標設定と具体的な改善方法をご提案いたします。 日々の経過を患者さんと一緒に二人三脚で歩んでいくことを心がけています。

禁煙治療

禁煙するのはなかなか難しいものです。 適切なお薬と医師の指導のもとで、禁煙によるイライラや不安を乗り越えましょう。
約3ヵ月間の通院で、タバコのない生活に導きます。

保険診療の禁煙治療

下記4つの条件を満たした方は、保険適用にて禁煙治療を受けることができます。

  1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテストでニコチン依存症と診断された方

    TDSニコチン依存度テスト

  2. 35歳以上の方についてはブリンクマン指数(1日の喫煙本数x喫煙年数)が200以上の方
  3. 直ちに禁煙することを希望される方
  4. 禁煙治療についての説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意された方

禁煙外来の流れ

標準的な禁煙治療では、3か月間(12週間)にわたり、合計5回の診察が行われます。

TOPへ